エゾシカの命をいただく。

2013/05/27  |  Category: news

 

 

5月27日(月)A.M4:00に目覚ましをセットしなくても目が覚める。
今日はミートショップで提供している「鹿肉」のルーツを知り学ぶ日。
シェフの市谷と共に占冠へ向かう。
途中、店をもっと良くする事を話しているうちに、あっという間に到着。
のどかなハウスに暮らす K 夫妻に今日はお世話になる。

R1003763

R1003770

まずは近所に散歩。
早速アオダイショウがご挨拶。
山菜やギョウジャニンニクがとにかく豊富な大自然の気持ちいい朝。
吸い放題のおいしい空気を思う存分吸える体に優しい占冠の空気。

R1003773

3匹のわんちゃん’sは体も引き締まっていて、とにかく元気。
R1003781

これも朝の散歩からの K夫妻のごく普通の日常。
R1003786
さて、いよいよ猟へ向かう。前に…笑
様々な林道へ入り奥へ奥へ車をゆっくり走らす。
もちろん鹿はいるが、そう簡単には撃たせてくれない。
緊張感が澄んだ空気の中張りつめる。

R1003791

途中、巨大な熊の足跡にも遭遇。
ハンター曰くかなり大きいとの事。
より緊張感が高まる。
まるで水曜スペシャルの川口隊長の気分だ。

鹿の習性、病気や虫の事、様々な情報を教えてもらい、占冠の鹿の安全性
などを教えてもらう。
占冠は農業をしない村。
農薬などは一切使っていない。
牧草地が多く栄養価の高いエサを豊富に食べている。
もう繁殖期に入るらしく、山にこもってしまう頃のようだ。

R1003801

この瞬間、緊張感はピークに達し、ハンターは集中しホロスコープを覗く。
村中に響くような銃声。
その先には鹿がいる。

そこからの1部始終見逃さず、目を背けずしっかりと心に焼き付ける。
血抜き、解体までもしっかり手伝い、体験する。

飲食業に携わり、鹿肉を扱う立場として本当に見て、知る事ができてよかった
貴重な体験。
命をいただくその意味を痛感し、扱い、喜んで安心して食べていただく事。
これからもその連続。

この経験はスタッフ全員に体験してもらいたい。
そうすれば何かが変わり、理解できるはず。

命をいただくとはこういう事だ。

R1003817

この銃弾

ミートショップのお守りです。

5月28日夜から占冠産エゾシカモモ、ロースが食べられます!!
安心安全超フレッシュ!
残酷ではなく、意味があり、ありがたくいただける最高の肉です!

ぜひ食べにきてください!!

1 / 11